クトゥルーライブサークル:マスカレイドについて

私たちマスカレイドのLARPイベントの特徴は、「多人数による群像劇スタイル」「現代ホラー(クトゥルフ)の世界観」「非接触戦闘」というスタイルをとることです。これは、他のファンタジーLARP団体の提供するイベントとはだいぶ毛色が変わっています。どうしてこういった内容になってきたのか、そしてどうなっていきたいのかを書いてみたいと思います。

マスカレイド発足の経緯

マスカイレドのコアメンバーの一人である私(天藍蒼穹)が「LARPをやってみよう」と思ったのは、クトゥルフ神話TRPGのページをめくっていて「Cthulhu Live(未訳)」という記述をみたことがきっかけでした。

これを海外から輸入して翻訳して遊ぶには、10人以上が集まって、運営側にも何人か協力者が必要で、場所も必要という条件をクリアしなければいけません。これはなかなか厳しい条件です。例えば、ボードゲームTRPGコンベンションは全員が同じシステムでずっと遊ぶには興味が違うことが多いし、個人的な知り合いを相手に実施するには必要とされるプレイヤー人数が多すぎました。

もともと、自分は大学時代の先輩から海外のLARPのことはきいていて、40人向けのライブRPGやLARPを大学時代に実施していた事もあり、場所と人数が集まる環境があればできそうだという気はしていました。

これを可能にしたのが、秋葉原にある卓ゲー部とその店長でした。この場所には、TRPGオンリーコンなどをはじめとして、意欲的な試みを柔軟に受け入れてくれる店長と、様々な趣味の人がゆるくつながるいい人間関係がありました。

この環境の下、2015年7月には、最初のクトゥルーライブ2版を使ったイベント「秘密のオークション」を卓ゲー部の知り合い向けに初めて実施しました。

このイベントが成功したと感じたのは、その参加者から「次は運営側をやってみたい」と言われるようになったからです。当時「TRPGプレイヤーは身体を使ったロールプレイはできないし恥ずかしがるから、とてもLARPなんてできない」といった友人は、結局は最初のGMの1人になってくれました。

私たちはそれ以降、秋葉原卓ゲー部にきて遊んだ人同士が面白かったよ、といってくれた事から、サークルではなくTRPGオンリーコンベンションのような形として単発イベント開催をしていくことになりました。

この頃は、いくつものファンタジーを中心としたLARPサークルが立ち上がってきていました。これは、見た目からLARPの魅力を分かりやすく発信できるのがファンタジー方面だったという事にも関係していると思いますが、CLOSSさんなどの熱心な普及活動のおかげといえるでしょう。

一方で企業としてLARPをイベントの1つとしてとりいれたオバケンさんを除くと、佐賀のカバルさん、Math-Gameさんが結成されるまで、現代ホラージャンルを中心に打ち出すのイベントやサークルはありませんでした。

こうした中で、2017年9月にマスカレイドというサークルとして再スタートを切ることにしました。

マスカレイドの特徴

マスカレイドは、サークルという体裁をとっていますが、サークルメンバーがイベント運営スタッフだというような意味合いで、サークル参加した人むけにLARPを実施するという方式をとっていません。これは、前述したように秋葉原卓ゲー部の知り合いやゆるい繋がりの方に自由に来てもらいたいと思ったからです。

私たちは、クトゥルーライブというルールを使ってイベントを行なっている事で、他のファンタジーLARP団体とは大きく違うコンセプトを持つ事になりました。それが、「多人数による群像劇スタイル」「現代ホラー(クトゥルフ)の世界観」「非接触戦闘」という特徴です。

多人数群像劇というのは、主人公を決めず、誰もが探索者である一方、一人一人が活躍できるかどうかというのは状況によるというものです。この群像劇というスタイルは今のところ扱いが非常に難しく、TRPGや日本のコンピュータRPGをプレイしてきた感覚とはかなり異なる環境です。

クトゥルフの世界観についてはここでは触れませんが、TRPGとしては大変有名なシステムになっていて、この世界観であるために、群像劇的なスタイルがうまく機能することもあります。

私たちの非接触戦闘というのは、ターン制で、じゃんけんの手を基本にした仕組みです。これによって、戦闘時に銃を扱うことができたり、よりロールプレイしやすい戦闘を、安全に起こしたりすることができます。

さて、どんどんファンタジーLARPが広がる中でマスカレイドは「ファンタジーや演技戦闘とは違うLARPもあるのになぁ」と思いながらも、自分達特有の弱点を思い返しては、ファンタジーLARPの方が広まるのは仕方がないかとも思っていました。

というのも、クトゥルーライブというルールは、残念ながら2018年現在、日本語版の出版は予定されていません。
現在私たちが使っているのは、 Skirmisher Games社が、クトゥルフ神話TRPGのLARPバージョンとして出版したルール「Cthulhu Live 3rd edition」です。これは、クトゥルフ神話TRPGの版権元であるケイオシアムから「公式」とお墨付きがついています。日本ではそういった公式の認定を受ける機会はありませんが、とりあえず、クトゥルフのLARPルールとしては最大手といっていいでしょう。しかし、それでも日本語版がないというのは広まりにくいものです。

このルールの希少さの問題と、私たちが特段普及をするというよりは楽しくあそんでいるという環境もあって、ファンタジーLARPが急速に拡大する中でひっそりとやっているという状態が続いていました。
その一方TRPGとしてのクトゥルフ神話はオンラインを中心に人気を博し続けていて、もっと楽しんでもらえる可能性があるのではと思うようになってきました。

マスカレイドが目指すもの

私たちマスカレイドは、LARPという言葉が知られていく中で、「クトゥルフ」で「非接触戦闘」という世界も知ってもらいたいという気持ちを持つようになってきました。

LARPというジャンルには、クトゥルフ神話TRPGで遊んでいる多くの人たちにもほとんど地続きといっていいほど似たルールで遊べるLARPがあるということをもっと知ってほしい。普段着に近い格好で体験しやすく、TRPGの探索者のように狂気に打ち震え、それぞれの後ろ暗い秘密を持ったり、誰も触れてはいけない石版を眺めて異世界の様子を読み解いていくという経験をしてもらえないだろうかと考えています。

特に、TRPGはゲームスペースを借りたりコンベンションのようにリアルに会って遊んだりする事もある中、「クトゥルフ」のジャンルは動画を見て楽しむ人もいれば、オンラインセッションを通じて手軽に遊ぶ人も多く、比較的オンラインでも自由にできる環境が揃っています。そうした中で、オフでしかできないLARPは、ゲームスペースをはじめ色々な場所に実際に行くという事に意味がでてくるイベントだと思います。

マスカレイドのイベントをきっかけに、これからTRPGプレイヤーがもっと気軽にLARPに触れるきっかけになってほしい。その体験が、新しいTRPGの世界を開いたり、既にTRPGで面白いものをLARPでも実施できたりといった交流がもっと起きてほしいと思っています。

これからのイベントでそういった繋ぎ目や新しい扉になっていけないか、というのが私たちの希望です。

マスカレイド:最初の1年の数字は107

マスカレイドのイベントに遊びに来てくれたのべ107名のみんな、ありがとう!

マスカレイドのこれまで

我々クトゥルーライブサークル:マスカレイドは、秋葉原を中心にクトゥルーライブのLARPイベントを開催してきたメンバーが、昨年旗揚げしたサークルだ。

サークル化の目的の1つは、イベントの開催回数を増やすことだったけど、その点については、この1年は大成功といっていいだろう*1

2017年の10月に「オークションⅡ-ただ1つのカギを求めて-」を開催してから1年強の間、マスカレイドでは以下のイベントを開催してきた。

イベント名 参加人数 開催場所等
2017年 10月 オークションⅡ-ただ1つのカギを求めて- 15名 秋葉原卓ゲー部
2018年 1月 箱の中 4名 コノス主催:まるごとLARP体験会@テーブルトークカフェ Daydream
2月 オークションⅡ-ただ1つのカギを求めて- 15名 秋葉原卓ゲー部
3月 オークションⅡ-ただ1つのカギを求めて- 15名 秋葉原卓ゲー部
4月 箱の中 3名 秋葉原卓ゲー部
(テストプレイ)
6月 箱の中 4名 秋葉原卓ゲー部
箱の中 4名 秋葉原卓ゲー部
7月 28名 ストーリーLARPとして日本史上最大人数
8月 銀行強盗vsインディアンノッツ銀行 8名 (テストプレイ)
9月 銀行強盗vsインディアンノッツ銀行 8名 コノス主催:まるごとLARP体験会@TRPGフェス
ミスカトニック大学に潜む者 8名 テストプレイ@秋葉原卓ゲー部
10月 ミスカトニック大学に潜む者 8名 秋葉原卓ゲー部
ミスカトニック大学に潜む者 8名 秋葉原卓ゲー部
11月 箱の中 4名 秋葉原卓ゲー部
箱の中 4名 秋葉原卓ゲー部

なんと、開催回数は15回、参加者人数はのべ107名となった! この中には、テストプレイなど、オープンに参加者を募集しなかったたぐいも含めているし*2、同じ人が違うイベントに参加してくれた例もたくさんあるが、それでも107名はなかなかイケてる数字だ。

マスカレイド発足前は、2年あまりで5回開催したイベントにのべ86人が参加してくれたのに比べると、だいぶペースが上がっている。「大成功といっていい」と書いたのは、こういう理由だ。

マスカレイドの直近の予定

これを書いている時点で、マスカレイドは4回のイベント(参加人数のべ32名)の開催を予定している。12月の3回のイベントは残念ながらもう募集を締め切ってしまったが、1月26日に開かれる1920年代テキサスの地方銀行を舞台にした謎解きクライムアクションシナリオ「銀行強盗vsインディアンノッツ銀行」の募集はまだこれからだ。参加したい君は、マスカレイドツイッターアカウントをフォローしてチェックするのを忘れるなよ!

イベント名 参加人数 開催場所等
2018年 12月 ミスカトニック大学に潜む者 8名 秋葉原卓ゲー部
銀行強盗vsインディアンノッツ銀行 8名 ×2 秋葉原卓ゲー部
同日2回開催
2019年 1月 26日 銀行強盗vsインディアンノッツ銀行 8名 MATH-GAME「LARPカフェ翡翠の駅の星奏」@埼玉建産連研修センター

2019年のマスカレイドの野望

マスカレイドのイベントでまたやって欲しいという要望をよくもらうシナリオが、荒廃した秋葉原で開かれる怪しいオークションに15人の参加者が招待される「オークションⅡ-ただ1つのカギを求めて-」だ。

我々としても「オークションⅡ」はお気に入りのシナリオなので開催の機会をうかがっていたが、来年の前半あたりは星辰の巡り合わせが良さそうだ。1~2回くらい開催しようと悪だくみをはじめているぞ。

そして、これもときどき聞くが「オークションⅡの前のオークションⅠも体験してみたい」という声だ。オークションⅠを体験していないマスカレイドファンも増えてきたことだし、「とある秘密の計画」のためにも、オークションⅠの再演の機は熟してきた。オークションⅠのリバイバル上演をマジメに検討しているところだ。ただし、オークションⅠはマスカレイドが今使っているものとは違う旧版のクトゥルーライブのルールを使っているから、リバイバルは意外に難しいかもしれない。確実なことはいえないが、できそうになったら、ちゃんというから少しだけ期待していてくれ。

そして、「とある秘密の計画」とは、そう、耳の早いファンはもう聞きつけているかもしれない「オークションⅢ」のことだ。オークションⅢは、これまでのオークションシナリオの集大成にすべく準備している意欲的なシナリオだ。こちらは来年中には開催しようと悪だくみをはじめたばかりなので、ちょっと気長に待ってほしい。

そして、4名参加の小さなクトゥルーライブシナリオ「箱の中」とクトゥルフ神話テイストのマーダーミステリー「ミスカトニック大学に潜む者」は、開催場所を確保しやすく、事前の準備も少なめで、機動的に開催しやすい。これからも、需要を見ながら開催していくつもりだ。

ここまで書くと残る「砦」はどうなんだと気になる人もいるだろう。「砦」も開催の要望が多いシナリオだが、「砦」の開催はなかなか条件が揃うのが難しい。かな~り気長に待ってくれ。

参加者のみんなに支えられて

さて、2018年LARPアドベントカレンダーの企画の一環としてこれまでの活動やこれからの予定についてドヤ顔で書いてきたが、これもマスカレイドのイベントに参加してくれたのみんなの支えがあって進められてきたことだ。マスカレイドはこれからも、これまでの参加者が楽しめる新しいイベントの開発、そして参加者が支持してくれたイベントの再演を進めていくつもりだ。2019年のマスカレイドにも期待していてくれ。

*1:サークル化の経緯・目的については、先日ゲームマーケットで発売された「JAPAN LARP GAMERS 2018」の記事にもうちょっと詳しく書かせてもらったので、みんな読もうな! 日本の今のLARPについて一番詳しく書かれている資料だ。

*2:なお、テストプレイではマスカレイドのコアメンバーが参加者に含まれている回がある。

秘密のオークションII:参加者の皆さんの感想

全般

LARP Chronicleさんは、オークションIIのレポートを書かれています:【レポート】クトゥルーライブに参加してきました - LARP chronicle

プレイスタイル


そして、愛


おまけ

使用ルール及びルールサマリ

マスカレイドでは、ケイオシアム社が公式にライセンスしている「クトゥルーライブ」の第2版および第3版のルールを組み合わせて使用して、クトゥルーライブを取り仕切ります。

当日使用するルールの詳細については、スタッフがゲームの当日に説明しますが、参加者の人が事前に予習できるように、ルールサマリを公開します。

ルールサマリでは、ゲーム進行に必要なルールの主な部分をまとめていますが、これがルールのすべてではありません。ルールの処理については、当日のGMの指示に従って下さい。ルールサマリの記載と、GMの指示が矛盾する場合は、GMの指示が優先します。

f:id:semialt:20180317130842p:plain

自分でもクトゥルーライブを開催したいという方は、クトゥルーライブの第2版や

www.amazon.com

第3版
www.warehouse23.com

のルールをご購入ください。当サークルの作成したサマリーをゲームに利用したいという場合には、個別にご連絡ください。